MULATU ASTATKEと酩酊ファンク

以前、ソマリア出身のラッパー、ケイナーンの新作『Troubadour』収録曲“ABCs”について「元ネタは分からないけど、エチオピアっぽいサンプリング・ネタが使われてる」みたいなことを書いた(ケイナーン(K'NAAN)の新作『Troubadour』)。

その後、下北沢の良心的レコードショップ、DISCSHOP ZEROの飯島さんがご自身のブログでその謎を解いていた(E-JIMA's blog)。d0010118_1620979.jpg
なるほど、MULATU ASTATKEだったんですね。MULATUはエチオピアン・ジャズの大御所で、CDラックを捜索したら、僕も彼の『Ethiopiques Vol. 4:Ethio Jazz & Musique Instrumentale 1969-1974』を持ってた。“ABCs”の元ネタはこのアルバムじゃなくて、72年作『Mulatu Of Ethiopia』(DISC SHOP ZERO商品ページ)に収録されている模様。このアルバムのほうは未聴だったんで、近いうちにZEROで買ってこようと思っている。

さて、そのMULATU。ジム・ジャームッシュの映画「ブロークン・フラワーズ」に使用されたことで広く知られるようになった彼だけど、次回作はナウ・アゲイン/ストーンズ・スロウ周辺の屋台骨を支えるヘリオセントリックスとのコラボレーション作。
リリースは最近「アンプ・フィドラーVsスライ&ロビー」や「アシュレイ・ビードルVsホレス・アンディ」といった興味深いコラボレーション・シリーズを出しているストラットから。このレーベルは一時期活動休止していて、数年前の再開から吹っ切れたように面白い作品を出している。

そのMULATUとヘリオセントリックスとの競演作、サンプルが送られてきたので早速聴いたところ、完全に近作のナウ・アゲインの作風に乗っ取ったもので、実にしっくりくる。Mrチョップ『Lightworlds』とかカール・ヘクター&ザ・マルカウンズ『Sahara Swing』など、ナウ・アゲイン発のサイケデリック・ファンク路線を踏襲したものというか。
ありえないような化学反応は起きていないものの、ひとつのバンドのような統一感が感じられて好印象。このメンツでツアーもやっているようなので、今後さらに発展していく予感もある。

というわけで、今日は酩酊ファンクを数発。

Mulatu Astatke“Mulatu”


Karl Hector & the Malcouns "Sahara Swing"


Mulatu Astatke&The Heliocentrics “Yekermo Sew”


オマケ。バグパイプ×スピリチュアル・ジャズ、ルーファス・ハーリーの“Malika”。これが収録された『Re-creation Of The Gods』も素晴らしい酩酊ファンク・アルバム。

[PR]
by hazimahalo | 2009-03-26 16:24 | アフリカ