2007年5月、ナポリの旅

このブログの存在はmixiの自分の日記上か、仕事での付き合いのある一部の方にしか知らせていなかったんだけど、最近いろいろと反響があって嬉しいかぎり。
その反面、どうも何を書いたらいいか考え過ぎてしまって、更新頻度がスロウペースになってしまったり。
ま、そんなに考えるもんでもないだろう、ということで、これからは時たま軽〜いネタを挟みつつ、もう少し頻繁に更新していく予定です。
みなさまヨロシクお願いいたします。

というわけで、今日は2007年5月、イタリアのナポリに滞在していた時の写真を。

その時のルートは、ギリシャのパトラからアドリア海を渡るフェリーに乗って南イタリアのバーリへ(このルートはなかなかドラマチックなのでオススメです)、その後アルベロベッロに寄ってからナポリへ(その後はシチリア島を縦断してからチュニジアへ)。

その時の旅では21か国ほど周ったけれど、なかでもイタリアは本当に大好きな国。
食事の旨さは言わずもがな、人はいいし、適度に危ない雰囲気があるのもスリルがあって良し(僕らが泊まっていたのはナポリ駅近くの移民街だったんだけど、間違ってやってきた日本人カップルが泣きそうになっていたのも見かけた)。
それと音楽シーンも面白くて、南イタリアのタランテッラという民族舞踊にも惹かれたし、アンダーグラウンドなレベル・ミュージック・シーンも充実、さらには各国・各ジャンルのアーティスト/DJがライヴ/パーティーをよくやっているので、飽きることがない。
もし海外に住むとすれば、旧大陸ならばナポリ、新大陸ならリオ・デ・ジャネイロ。僕は間違いなく、その2つの町のどちらか。

そんなわけで、僕の愛するナポリの風景をお届けいたします。

d0010118_1583587.jpg
ナポリの旧市街、スパッカナポリ。この写真からは伝わりにくいと思うけれど、場所によっては原チャリが猛スピードで走り抜け、元気なオバさんが大声で喧嘩をしている。まさにナポリの下町という感じ。


d0010118_215469.jpg
ナポリに限らず、どこの町でもフライヤーは重要な情報源。こうした情報をチェックして、その夜どこに出かけるか頭を悩ませるわけ。


d0010118_241662.jpg
上のフライヤーでチェックした、ナポリ大学の構内で行われていたアルファ&オメガのライヴ。主宰していたのは左翼系の団体。サウンドシステムから溢れ出す重低音に乗って、インテリ学生やパンクス、ドレッドロックス、左翼系活動家が揺れる。


d0010118_28473.jpg
町中でのワンシーン。こういうイカしたペインティングを見るだけで僕の胸は踊るわけです。


d0010118_282987.jpg
ナポリからシチリアのカターニャへと向かうフェリーから。さようなら、僕が心から愛するナポリ!
[PR]
by hazimahalo | 2009-04-15 02:18 | 地中海