Faye-Ann Lyons“Heavy T Bumper”に見るオールド・ソカ回帰

なんだかしょっちゅうトリニダードのことを書いてる気がしますが……まずは、フェイ・アン・ライオンズの“Heavy T Bumper”をお聞きください。

こちらは音声のみ。



こちらはソカ・モナークでのパフォーマンス。



うーん、そこはかとなく溢れ出るオールドスクール・ソカ・ヴァイブスがたまりません。
彼女は今年のソカ・モナーク二冠/ロード・マーチをまとめて取ってしまった、現代ソカを代表する歌姫。僕が行った2008年のカーニヴァルでは“Get On”でロード・マーチを取っていましたが、ソカ・モナーク二冠っていうのは凄い。野球でいえば、三冠王+年間MVPぐらいのノリ?

で、この“Heavy T Bumper”は、ほとんどトランスみたいになってる近年のソカの潮流からすると、思いっきりオールドスクール。
カーニヴァル終了から3か月経っているので最新ヒットというわけではありませんが、こういう曲が突然出てくるのが面白いし、トリニダード人のクリエイティヴィティーも感じさせる。

ちなみに、ジャマイカのSwagga Daggaリディムも、不思議なバック・トゥ・ルーツ感があってナイス。スカというかクンビアというかブギというか……ヘンなリディムだなぁ。「なんだ、これ?」なリディムを連発していた2000年代初頭のダンスホールを連想させます。


[PR]
by hazimahalo | 2009-05-27 04:33 | カリブ