映画「エル・カンタンテ」公開!

ウチには映画の試写状があまり送られてこないので知りませんでしたが(配給会社のみなさん、これを読んでいたら是非お送りください!)、7月から映画「エル・カンタンテ」がついに日本公開されるとか。2006年制作だから、3年待たされたわけですか。

知ってる方には説明不要でしょうが、この映画は今は亡きサルサの大スター、エクトル・ラボーの伝記物語。ラテン圏では絶対的な偉人、エクトル・ラボーの生涯を追った映画ということで、アメリカなどでも公開当時はかなりの話題になりました。
エクトル・ラボーを演じるのは、現在のラテン・ミュージック界の大スター、マーク・アンソニー。さらには競演がジェニファー・ロペス。2人ともエクトル・ラボー同様アメリカ生まれのプエルトリカンであるわけだから、これ以上ない配役と言っていいはず(しかも、2人は実生活でも夫婦だしね)。

などと偉そうに書いてますが、実は僕がエクトル・ラボーの素晴らしさに気づいたのはここ数年。それこそ1年ばかりの長旅から帰った2008年春以降、急速にハマったようなところがあるので、彼の素晴らしさを語るのは10年早い!といったところでしょうか。
そんなわけで、「エル・カンタンテ」も勉強させてもらうつもりで観る予定。なんとなく、ここしばらく続いているサルサ熱が一気に沸騰する予感もありますが……メチャクチャ楽しみです!

映画「エル・カンタンテ」は2009年7月よりシネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー。みなさんもぜひ劇場に足を運んでみてください。


そんなわけで、こちらは「エル・カンタンテ」のトレイラー。




こちらは本家エクトル・ラボーの大名曲“Mi Gente”。狂おしいまでの歌唱、さまざまなストリーが刻み込まれた演奏、ジワジワと盛り上がっていく楽曲構成の素晴らしさ……隅から隅までパーフェクト!


[PR]
by hazimahalo | 2009-06-23 02:26 | カリブ