2009年 08月 11日 ( 2 )

これまで「世界のレゲエ/ダブ・バンドについて書いてください」という原稿依頼をいただくと、大抵無理矢理ネジ込んでるバンドがいます。
韓国・ソウルのレゲエ・バンド、I&Iジャンダン。聞くところによると、韓国で初めてのダブ・バンドらしい。
まずは聴いてみてください。めちゃくちゃ格好いいです。

I & I Djangdan - I and I and I


…どうですか、ヤバイでしょ??
この曲だとよく分からないかもしれませんが、中央の女性ヴォーカリストが韓国民謡調の歌を聴かせたりもします。

この曲なんかモロにそういう感じ。で、曲調もグッとニュールーツっぽくなってる。
I & I Djangdan - Irie Rang


…うーん、この曲もヤバイなぁ。
E.D.O.ECHO SOUNDSYSTEMとのスプリットとか出したらバッチリだと思うんだけど。

僕はこのバンドが大好きで、ぜひ日本盤を出して、日本ツアーもやってもらいたいと思ってます。どうですか、各レコード会社のみなさま。ライナーさえ書かせてもらえれば、いくらでもネタ提供しますよ。

ちなみに、このI&Iジャンダン。ドラマー&ヴォーカルを務めるのは、来日経験もあるウィンディ・シティのバンジャン君です。このバンドも大好きで、超メロウな“Jah Jah Children”あたりは僕もDJをやる時によくかけます。

Windy City- Love Supreme


とりあえず、この界隈は一度現地調査をしてこないと、と思ってます。
賛同者求む!!
[PR]
by hazimahalo | 2009-08-11 23:51 | アジア
このブログではあんまりグライミーでラガっぽいヤツは控えようと思っていたんだけど……これは凄い! ジャーダン・ブラッカムーアの『Buzzrock Warrior』。

d0010118_23563199.jpg彼はメジャー・レイザー(ディプロ+スウィッチ)のアルバムにも参加していた人物で、今作は彼のファースト・アルバム(ラプチャーもプロデューサーに名前を連ねている)。
ノリとしてはダブステップ+ダンスホールなサウンドの上に、多少ドロ臭いジャーダンの歌が乗る感じ。でも、どこか抜けた明るさがあって、ヘヴィーなのに聴きやすい。
このスカスカなのに密度のある感じ、確かにダブステップ調ではあるんだけど、ちょっと80sのダンスホールを思わせるところもある(それこそスタラグっぽいというか)。
あと、大注目したいのは1曲めちゃくちゃ格好いいラガ・クンビアが入ってること! この曲なんて、モロにZZK周辺のデジタル・クンビアのノリだな。

そんなわけで、この界隈に興味がない方であれば「???」な固有名詞の連発で申し訳ないけれど、僕としては今年のベストの予感も。
それにしても、今年は素晴らしいアルバムが多いですね。年末に頭を悩ませている自分が想像できます……。

Jahdan Blakkamoore“The General”



Jahdan Blakkamoore“Go Round Payola”

[PR]
by hazimahalo | 2009-08-11 00:03 | 北米