「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:酒と食( 3 )

 今年に入ってから、DJをやる機会が随分と増えた。月に最低でも3本、手帳を見ると8本もやった月もある。もちろん、プロフェッショナルにDJをやっている方と比べれば僕のDJ技術など趣味の延長上に過ぎないかもしれないが、それでもやる以上はお客さんに楽しんでもらいたいし、何よりも僕自身が楽しくてたまらないのだ。見ず知らずの人が僕のかける曲で踊り、時には〈この曲、なに?〉と声をかけてくるーーこれは無条件に楽しい。調子に乗った挙げ句、最近になってから肩書きに〈DJ〉と付け加えてしまった。

d0010118_18552883.jpg この夏もいろいろな場所でDJをやらせてもらったが、僕にとっては2010年の夏を締めくくることになるパーティーが9月4日(土)に久米川のFOGGYで行われる〈FOGGY'S SUMMER BASH - 久米川夏祭り〉だ。DJにYAHMAN(CHAMPION BASS/TRIBAL CONNECTION)などの腕利きたちが揃い、TETSUNIQUESとTAMACO CLUBがライヴを行う。オーガナイズに絡んだ人間としては、もう間違いのないメンツである。

 このFOGGYというDJバーは、僕にとって本当に大切な場所だ。初めてこの店を訪れた際、僕はちょっとしたカルチャーショックを受けたし、〈こんな奇跡みたいな場所があったなんて!〉とすら思った。そんな大袈裟な……と笑ってもらって結構。ただ、笑った後は一度FOGGYに足を運んでみてほしい。僕の言っている意味が分かってもらえるはずだから。

d0010118_1912404.jpg中央線の国分寺から電車を乗り継いで15分ほど行ったところに八坂という小さな駅がある。おそらく東京都民のなかでもこの駅名を知っている人はそれほど多くないだろうし、多摩地区の住民にとってもあまり馴染みのない駅名のはずだ。周囲はごく平均的な多摩地区の住宅街だが、少し歩けばだだっ広い畑が広がる、そんな街だ。
 こんな八坂駅から歩いて5分ほどの場所にFOGGYはある。西武新宿線の久米川駅からも徒歩10分ぐらい。いずれにせよ、西東京に縁のない方であれば、まず足を踏み入れることのない場所である。

 僕が初めてこのFOGGYを訪れたのは、2009年9月のことだった。毎月この店でやっている〈SHANK CB200〉というパーティーに呼んでもらい、ゲストとしてDJをすることになったのである。
 あまり防音効果のなさそうな木製のドアを開け、地下に続く階段を降りていく。真っ先に目に入ったのは、フロア中に転がった風船をやたらめったらに割りまくる人たち。彼らは全員笑顔で、なおかつ赤ら顔。ひとりでFOGGYを訪れた僕が真っ先に〈マズイ店に来たぞ〉と思ったことは言うまでもない。こりゃ長い夜になるぞ、と。
 DJとして僕を呼んでくれた友人のモリオカくんが近づいてきて、「岸さんを紹介しますよ」と言う。「岸さん」とは、どうやらこの店のオーナーのようだ。「大石さん、ヨロシクお願いしますね! じゃ、何を呑みます?」ーーにこやかに握手を求めてきた岸さんは、両腕にタトゥーが入った40代のルードボーイだった。後から気づいたのだが、僕がFOGGYを訪れるたび、岸さんは必ず一言目に「じゃ、何を呑みます?」と言う。それが彼なりのもてなし方なのだろうし、今ではその一言を聞かないとFOGGYに来た気がしなくなってしまった。

 その日のパーティーはメチャクチャだった。岸さんはDJでもあって、ムチャチート・ボンボ・インフィエルノやクラッシュの“Police On My Back”をーー大抵、かけてる本人が踊りまくりながらーープレイし、それに合わせて全員が酒を煽り、岸さんと同じように踊りまくる。FumiさんとChieさんという2人のポールダンサーによるショウタイムが始まると、フランス人のエリックが千円札を彼女たちの胸元にネジ込んだ。モリオカくんは真っ赤な顔でフラフラしてるし、次から次へとさまざまな人たちが僕に声をかけてきては、〈グラスが空いてますよ?〉と煽りまくる。僕はそんなムードに煽られるようにジプシー・ブラスやクンビアをかけた……と思うのだが、正直なところ、その夜、何をかけたかほとんど覚えていない。ただ、渋谷や青山のクラブにはない気さくな雰囲気と、そこに集まる人たちの陽気さは、翌日酒が抜けた後もしっかりと残っていた。メチャクチャだと思っていたその日のパーティーが、週末のFOGGYではありふれたものであることも後から知った。
 翌日、岸さんから「レギュラーでパーティーをやりましょう!」というメールが入った。岸さんが提案してきたイヴェント名は〈ETHNIC COMBINATION〉。パンクもかかる〈SHANK CB200〉に対し、クンビアやサルサなどをかけられるパーティーをやろうということだった。それから毎月第三金曜日、僕、岸さん、TAKUYAくん、tagoodくん、ODAさんというメンツを基本にしたパーティー〈ETHNIC COMBINATION〉が始まった。

d0010118_19144682.jpgとにかく、僕にとってFOGGYは特別な場所だ。集まる人たちが全員陽気でイカれた人ばかり。だが、そのなかで一番イカれてるのが岸さんであることは間違いない。彼は80年代後半、ロンドンに数年滞在していた経験があって、その時体験したギャズ・メイオールのパーティーがひとつの原風景となっている。呑んで騒いで、その夜を楽しむこと。岸さんがパーティーに求めるものは実にシンプルだ。生きているといろんなことがあるが、その瞬間だけは人生を全肯定できるようにーー。ここ3年ほどの間、僕は自分の人生に影響を与える何人かの友人に出会ったが、岸さんは間違いなくそのひとりだ。僕は彼の音楽観/人生観に大きな影響を受けている。それは隠しようのない事実である。
 FOGGYにはアメリカ人やエクアドル人、フランス人、マルチニーク人までやってくる。都心の音楽好きも口コミを頼りにやってくるし、40代後半の女性が集団で遊びに来たかと思えば、80年代後半に新宿の第三倉庫で遊んでたようなハードコアなパーティーピープルだったりもする。僕は〈SHANK CB200〉と〈ETHNIC COMBINATION〉のFOGGYしか知らないが、ここでは毎月最終土曜に行われている〈Pure Pleasure!〉や毎月第三土曜の〈Table Turn〉といったヒップホップ系のパーティーも人気だ。
 そして、FOGGYに集う人たちはみんな岸さんの人柄を愛し、彼のヴィジョンを共有している。こんな店が渋谷や青山ではなく、八坂/久米川という片田舎に存在していること、そのこと自体が僕には驚くべきことだった。

〈FOGGY'S SUMMER BASH - 久米川夏祭り〉は9月4日(土)、夕方の6時から朝の5時までやっている。レギュラーDJ陣にとっては耐久戦。僕にしても、朝日が昇る頃にはまともに立てなくなっているだろう。
 僕はFOGGYのおもしろさ、楽しさをひとりでも多くの人に知ってもらいたいと思っている。こんなに魅力的な店はなかなかないし、20年後のFOGGYが〈伝説の店〉と呼ばれていても僕はまったく驚かない。その時、岸さんは還暦を過ぎ、僕も50代半ば。だが、その頃になっても僕は岸さんと一緒に酒を酌み交わしながらエクトル・ラボーやギャズ・メイオールの話をしているような気がする。

2010/09/04 SAT
Shank Cb200×Ethnic Combinatinon Presents
FOGGY'S SUMMER BASH - 久米川夏祭り
18:00~morning ¥1,500/1D

Guest LIVE:
TETSUNIQUES
TAMACO CLUB (African Percussion)

Guest DJ:
YAHMAN (Champion Bass / Tribal Connection)
AMEMIYA 'BABY LION' KSK (Caribbean Dandy)
KEN-KEN (Trial Production / Ken2-Dspecial)
風祭堅太
S.O.C (未来世紀メキシコ / 5W)

Guest Dancer (Pole Dance): Fumi & Chie

DJ:
HAJIME OISHI (EL PARRANDERO)
TAKUYA (REBEL FIESTA PARTY)
HAMA'S (未来世紀メキシコ)
tagood (monte bailanta)
ODA
KISHI (FOGGY)

MORE INFO:http://foggydmb.com/
[PR]
by hazimahalo | 2010-08-31 19:17 | 酒と食
ようやく春めいてきました。
寒い季節は大の苦手、暑ければ暑いほどテンションが上がる僕としては、待ちに待った季節がやってきた感じ。

そんな中、都内を中心に活動するトラックメイカー/DJクルー、dextrax(http://dextrax.vox.com/ )のryoくんが春らしいミックスを制作、さきほどURLが送られてきた。

普段は4つ打ちに軸足を置いている彼だけど、朝方に聴かせるメロウなセレクションも最高で、酒を酌み交わしながら「その手のミックスを作ったら?」などと話してたら早速制作した模様。
トラックリストの公開は控えておきますが、実に心地良い(ryoくんいわく)朝方系花見ミックスになっています。

・Cheezy Man's OHANAMIX(Spring Has Come) served by ryo of dextrax

ちなみに、僕が春に聴きたいのはこんな曲。

Little Joy - Next Time Around


Dabi touré - Mi wawa


Alton Ellis & The Flames - Why Birds Follow Spring

[PR]
by hazimahalo | 2009-04-06 12:24 | 酒と食
 右も左も分からない異国の地。いくらか緊張しながら入った酒場でグッと呑みほすビールの旨さといったら! 緊張が徐々に解けていって、周囲の酔っぱらいに不思議な親近感を持つ瞬間——。僕にとっての旅の醍醐味はまさにそこにあります。

 というわけで、2008年12月号の「CDジャーナル」誌で書かせていただいた短い原稿をアップ。題して「世界酒場紀行」。

 昨年、僕は世界各国の音楽を追いかけて長い旅に出ていた。その町のライヴ情報を探り、現地情報を収集する一方で、夜になると大抵現地の人々に紛れ込んで酒をあおった。今思うと、そんな僕の旅はほとんど「音楽と酒を巡る旅」だった気もする。
 10か国ほど行ったヨーロッパの中で、生ビールが一番旨かったのは断然スペイン。この国では生ビールのことを「カーニャ」と言って、よく冷えたカーニャをタパスと共に胃へ流し込むのは最高の気分である。ただし、バルは長居する場所ではない。財布に余裕があればフラメンコのショウを観ることができるタブラオに場所を変えてもいいけれど、僕の場合は手頃なクラブに足を運ぶことが多かった。バルセロナのような都市部であれば気軽にその町のローカル・アーティストを観ることができたし、複雑なパルマ(手拍子)を笑顔で披露してみせる観客の女の子を眺めているのも楽しいものだ。ポルトガルのリスボンでは、ファドが流れるカーサ・ド・ファドで白ワインをグイッといきたい。ファドの哀愁の響きにほろ酔い気分で耳を傾けていると、ヨーロッパの辺境の地までやってきてしまったという実感がこみ上げてきたものである。
 マグレブを含む地中海周辺をウロウロした後、僕は一気に南米へ飛んだ。冬のサンチアゴやブエノスアイレスで呑んだワインもたまらない美味しさだったけれど、滞在期間中、ひたすらアルコールを呑み続けたのはブラジルのサルバドールでのことだった。僕がこの町で昼から晩まで呑んでいたのがカシャッサ。ピンガとも呼ばれるこの蒸留酒にライムや砂糖を入れるとカイピリーニャというカクテルになるが、安酒場ではこのカシャッサをストレートで呑む。使い捨ての小さなカップに入ったこの液体を3杯も呑めば、あっという間にフラフラ。その状態で、暗くなると町を練り歩き出すアフロ・ブロコのビートや、そこいら中で演奏されているサンバやパゴーヂに耳を傾け、千鳥足でステップを踏むのである。たった2週間の滞在だったが、こんな生活を半年も続けたら誰だって立派なアル中になるだろう。
d0010118_222516.jpg 南米の後はカリブへ。ジャマイカのゲットーでは爆音のサウンドシステムに合わせてレッド・ストライプをあおり、キューバでは老演奏家によるソンを肴にモヒートを。中でも忘れられないのが、トリニダード・トバゴで呑んだラムのココナッツ・ウォーター割り。カリブ最南端に位置するこの国を訪れた時、季節はちょうどカーニヴァルの真っただ中だった。国全体が浮き足だったような、狂乱の日々。爽やかな味わいを持つラムのココナッツ・ウォーター割りは、カーニヴァルで火照った身体と心をクールダウンさせる効果があった。あの味だけは、あの場所・あの時間でしか味わうことのできなかったものだったと、今改めて思う。
 思い返すと、いい音楽の傍らには常にいい酒があった。それは週末になるとクラブやバーへと足を運ぶ現在の日々とも大して変わらないけれど、異国のざわめきの中で味わったそれは、今も僕の耳と舌にしっかりと余韻を残しているのである。
[PR]
by hazimahalo | 2009-02-15 02:24 | 酒と食