今日は夕方から恵比寿でILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB/以下TBH)の取材。

BOSSさんはTBHの最新作『LIFE STORY』の時に取材させてもらってるから、今回で2回目。
前々作『SELL OUR SOUL』の際は当時関わっていた雑誌のエディターとして取材に同行していたので、お会いするのは3回目か。

前回の取材の際、彼はTBHおよび自身が「開けてきた」と話していた。
それはTBHの作品/メッセージ自体がよりオープンマインドなものとなり、なおかつ彼の人生観自体に変化があったことも示しているんだろうけど、実際、『SELL OUR SOUL』からしばらくの時を経てお会いしたBOSSさんはそれまでのヒリヒリした雰囲気がなくなっていて(ライヴの際の、凄まじいまでの緊張感は全然変わらないけれど)、なんだかフレンドリーに接してくれたことを思い出す。

でも、今日のBOSSさんは前回以上にフレンドリーだった。
だって、会っていきなり「おお、久しぶり! 海外に行ってたんでしょ?」ですよ。その後の会話も弾む、弾む。ニコニコと笑顔を振りまきながら、僕の深読みを時にはやんわりと退けつつ、そして丁重に答えてくれる。
ただ、単に「いい人」なだけならナンだけど、彼の場合は根っこにある考え(信念と言ってもいい)が強靭だから、言葉のひとつひとつに重みと説得力があって、どんどん引き込まれてしまう。会話自体がまるでフリースタイルみたいな研ぎ澄まされ方。

なお今回は、昨年行われたツアーの模様を収めたDVD「STRAIGHT DAYS / AUTUMN BRIGHTNESS TOUR '08」のインタヴュー。
凄い映像集です、これ。身体表現の限界に挑むようなBOSSさんのパフォーマンスに身体がブルブルと震えます。
ただし、ライヴのTBHはもっと凄い。その凄さは言葉にしにくい類いのもので、会場に足を運んでみてください、としか言い様がないのが困りものだけど。

というわけで、今回はTBH“Road To The Underground”を。
結構前の曲だけど、まったく古くならない言葉と音がここにあります。



掲載は次号「CDジャーナル」にて。文字数も結構あるようなので、気合いを入れて書きます。
また、TBHの最新情報はhttp://www.tbhr.co.jp/でチェックを。
[PR]
# by hazimahalo | 2009-02-18 22:19 | お仕事
一日に何度もアップするもんじゃないんだろうけど、ちょっと面白い情報をゲットしたので、メモ代わりに残しておきます。

シャバ・ランクスについて少し調べものをしていたんだけど、何やら彼の“Dem Bow”をレゲトンの元祖とする説があるとか。
まず、“Dem Bow”を聴いてみましょう。



とある資料によると、この曲がリリースされた91年当時、プエルトリコでは同オケを使ったフリースタイルが頻繁に行われていたそう。今聴いてみると確かにレゲトン的にも聴こえるし、サルサ〜メレンゲ的な雰囲気も感じられます。

なお、その“Dem Bow”をリメイクしたのが、〈ゴッドファーザー・オブ・レゲトン〉として知られるエル・ジェネラル。その名も“Son Bow”。歌い口としては、シャバよりもスーパーキャットに近いのが面白いですね。



そのエル・ジェネラルさん、同じ頃にはこんな曲↓とか……



こんな曲↓も出してます。



現在のレゲトンに比べると随分ダンスホール寄りですが、ここからサルサ〜メレンゲやメレン・ハウスなんかの要素が加えられていって「あの」ビートが出来てきたかと思うと、なかなか興味深いハナシ。
レゲトンの「もうひとつ」の故郷とされているパナマでは80年代から地元レゲエ・アクトの作品が残されているそうだけど、こちらは未聴。ちょっとチェックしてみたいと思います。
[PR]
# by hazimahalo | 2009-02-15 21:30 | カリブ
 僕は結構のコーヒー中毒でして、煙草と共に切らすとイライラしてくる。
 というわけで、現在我が家にはパプア・ニューギニア、ブラジル、エチオピア、そしてペルーのコーヒーが揃っています(本当は一番好きなのはジャマイカのブルーマウンテンなんだけど、ちょっと高い)。

 今呑んでいるのは、ペルーの無農薬コーヒー。
 そんなわけで、一昨年1か月ほど回ったペルーのことをぼんやりと考えていました。

 そんな今日のBGM。
 まず、ノヴァリマ(NOVALIMA)の“Machete”。新作も出たばかりですが、これは旧作より。アップ・バッスル&アウトとかに近いのかな、煙いビートにペルーの黒人系音楽を乗せたアンデス系ブレイクビーツ。



 続いては、ミキ・ゴンザレス(Milki Gonzales)。ペルー版琉球アンダーグラウンドっていう感じの人で、首都リマのCDショップには彼の作品が大量陳列されてたことを思い出します。



 日本人観光客も多く訪れるペルーだけど、このへんの音楽がほとんど注目されていないのは惜しいかぎり。
 ペルーと言っても“コンドルは飛んでいく”だけじゃないんですよね。
[PR]
# by hazimahalo | 2009-02-15 15:28 | 中南米